新築物件を買うなら一戸建て住宅に決まり!|新築ならではの魅力

家族と家

家作りに一から参加

電話する男性

注文住宅と分譲住宅の違いは、自分の希望を家に反映できるかどうか、という部分です。分譲住宅は、家が完成しているか、完成間近となっている状態で売りに出されています。注文住宅よりやや安めの価格設定がされている傾向にありますが、自分の希望や理想を家に反映させることはほとんどできません。リフォームという形でいろいろ改造したり仕様を変えたりすることは可能ですが、購入費とは別途の資金が必要となります。その反面注文住宅は、物件作りを一からスタートさせるため、家作りに購入者が大きく関わることができるようになっています。もちろん法令違反となる要望を業者に依頼することはできませんが、可能な範囲であれば資材や仕様、外壁や内壁など、様々な部分に自分の希望及び理想を反映させられます。注文住宅の購入は、まさに「夢のマイホーム作り」と言えるでしょう。ただ分譲住宅とは違い、家を一から作るため、すぐに引っ越すことはできません。半年以上はかかると見込んでおきましょう。

横浜には、みなとみらいや中区、西区など、多くの人気住宅街が見受けられます。これらの地域には多くの一戸建て住宅やマンションが並んでおり、中には新築物件として売りに出されている物件もあります。現在、横浜のこれらの住宅街を中心に、注文住宅の購入及び建築が増えている傾向にあります。横浜は神奈川県内でも特に地価が高い場所なので、6,000万円~8,000万円くらいは予算に置いておいたほうが良いかもしれません。ただ横浜のこれらの地域には、小型の一戸建て住宅も多く見受けられます。比較的小さなサイズの一戸建て住宅の購入を検討しているのであれば、案外安く収まるかもしれません。横浜の閑静な住宅街に注文住宅を建て、理想の家と共に新たな生活を始めましょう。